サンワホームズ株式会社

目黒区の不動産買取ならお任せ|サンワホームズ株式会社

お問い合わせはこちら

不動産買取について

不動産買取をお考えのお客様に

不動産をできるだけ早く現金化をお望みであれば 不動産買取がおすすめ

目黒区の不動産買取ならお任せください

不動産をできるだけ早く現金化したい場合、不動産買取がおすすめです。

当社では即座に現金化を行い、手続きも迅速に行うことも可能です。査定や交渉の手間を省き、売り主の負担を軽減します。また、市場での最適な価格を待つ必要もありません。煩わしい手続きや時間の制約を気にせず、スムーズな現金化を実現しましょう。お客様の事情に寄り添ったサービスと迅速な取引を目黒区のサンワホームズ株式会社が行ないます。

目次

    不動産買取とは

    不動産を売却する方法には主に「不動産買取」と「不動産仲介」の2つがあります。

     

    不動産買取とは、不動産業者が直接物件を買い取る方法であり、売り主の事情に応じたスピーディーな現金化が出来る事が特徴です。

    買取後、不動産業者は物件に手を加えて市場に再販します。

     

    一方、不動産仲介とは不動産会社が売り主と買い手の間に立ち、売却活動を行います。この方法では市場での販売活動や価格交渉などが行われます。

     

    どちらの方法を選択するかは、売り主の状況や優先事項によって異なります。緊急の現金化やプライバシーの保護が重要な場合は不動産買取が適していますが、より高い売却価格を追求したい場合は不動産仲介を検討することが推奨されます。

    ご自身の不動産はどちらの方法が適しているのか。目黒区のサンワホームズ株式会社では、お客様の状況に合わせ最適な方法をご提案いたします。

    不動産買取のメリット・デメリットとは

    メリット

    以下が不動産買取の主なメリットです

    1.速やかに現金化可能
    2.売却計画や資金計画が立てやすい
    3.仲介手数料が不要
    4.契約上の不適合責任からの免除
    5.周囲に気付かれることなく売却可能
    6.内覧のための準備不要
    7.仲介では難しい物件も売却可能
    8.売却が急にキャンセルされるリスクが少ない

    では、それぞれ詳しく見ていきましょう

    速やかに現金化可能

    01.

    不動産買取の最大のメリットと言えるのが、迅速に現金化できることです。

    仲介を通じた売却の場合、物件を市場に出してから購入者が見つかるまで通常3ヶ月程度かかり、その後の契約から引渡しまでにさらに1~2ヶ月要します。最短でも4ヶ月、場合によっては6ヶ月以上かかることも珍しくありません。

    しかし、不動産買取の場合、依頼から引渡しまでの期間が1週間から1ヶ月程度と非常に短く、一部の不動産会社では翌日買取も可能な所もあります。場合によってはわずか1日で現金化することが可能です。

    仲介に比べて引渡しまでの期間が大幅に短いのが不動産買取の最大の特長です。

    売却計画や資金計画が立てやすい

    02.

    不動産買取のもう一つの大きなはメリットは、売却スケジュールや資金計画が立てやすいことです。

    不動産買取の場合、買取を行う不動産会社が具体的な「引渡日」と「購入金額」を提示します。これらの条件は、不動産会社が提示したとおりに遂行されるため、計画が立てやすくなります。

    対照的に、仲介の場合は不動産会社が価格査定を行い、売却の予想価格を提示します。しかし、この価格で実際に売れるのか、またいつ買い手が現れるかは不確定です。仲介では予想した引渡日や売却価格が変動することもあり、不動産買取と比較するとスケジュールや資金計画を立てるのが難しいです。

    仲介手数料が不要

    03.

    不動産買取の場合、仲介を介さないので仲介手数料が発生しません。

    仲介手数料は、不動産を仲介を通じて売却した際にのみ発生する、不動産会社への支払いの事です。
    不動産買取ではこのような手数料はかからず、不動産会社は買取後の転売によって利益を得るため、別途報酬にあたる手数料は発生しないので余計な出費を抑えることができます。

    契約上の不適合責任からの免除

    04.

    契約不適合責任とは、契約した内容と実際の状態が異なる場合に売主が負う責任です。

    例えば、雨漏りしないとして売ったサッシュが実際には雨漏りする場合、売主は買主から修理要求、契約の解除、あるいは損害賠償の請求を受ける可能性があります。

    この責任は、不具合を買主と事前に合意し、売買契約書に明記することで免除することができます。

    不動産買取では、買取を行う不動産会社が不具合を承知の上で購入するため、契約不適合責任の免責が容易になります。

    周囲に気付かれることなく売却可能

    05.

    売却が周囲に知られにくいことも不動産買取のメリットの一つといえます。

    不動産買取では、査定を行った不動産会社が直接買主となるため、購入希望者が何度も訪問することはありません。さらに、仲介におけるチラシやインターネット広告のような宣伝活動を行わないため、近隣住民が売却事実を知る機会が少ないです。

    一方で、仲介の場合は売却の為の宣伝活動が行われ、販売期間も長いため、多くの購入希望者が訪問し、周囲に売却していることが知れ渡りがちです。

    そのため、買取は仲介に比べると、広告をせず、迅速に売却できるため、秘密裏に周りに知られることなく行う売却方法として優れています。

    内覧のための準備不要

    06.

    内覧は、仲介を利用した不動産売却時に購入希望者に家を見せる行為の事を指します。
    その際、売却物件の片付けや清掃が必要となり、特に週末に内覧が集中する場合は、毎週のように大掃除が求められることがあり大変です。

    しかし、不動産買取の場合は、内覧が一切発生しないため、これらの準備は不要です。家の中を見せる必要があるのは、不動産会社が査定のために訪れる時のみのため、片付けや清掃に時間を取られることもありません。

    仲介では難しい物件も売却可能

    07.

    不動産買取は、仲介では難しい物件の売却にも対応できるというメリットもあります。

    大手不動産会社は条件が良い物件を好む傾向がありますが、買取専門の会社の中には、仲介では売れにくい物件でも買取を行う場合があります。事故物件や築年数が古い物件など、仲介での売却が難しい物件については、買取会社への相談をおすすめいたします。

    ただし、仲介で売却が困難な物件の買取を断る会社も多いため、適切な買取会社を見つけるためには根気よく探すことが必要となる場合もあります。

    売却が急にキャンセルされるリスクが少ない

    08.

    最後にご紹介するメリットは、契約が急にキャンセルされるリスクが低いことです。

    買取を行う不動産会社は一般的に資金力があり、銀行からの信用が厚いことが多いです。そのため、個人の買主に比べて信頼性の高い買主であると言えます。

    買取では、個人の買主の場合に見られるような、契約後の住宅ローン本審査不通過による売却不成立のリスクは低いです。そのため、売却の確実性は個人に売るよりも高くなります。

     

    次に、不動産買取のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

    デメリット

    以下が不動産買取の主なデメリットです

    1.買取価格の低さ
    2.買取条件が時に不利な場合がある
    3.買取を行う不動産会社の選択肢が限られる
    4.一部の物件では不動産買取が行えない

    買取価格の低さ

    01.

    不動産買取の主なデメリットとして、仲介相場に比べて買取価格が平均して10〜20%安くなることがあげられます。

    不動産買取会社は、転売による利益を確保するために、物件を市場価格より安価に仕入れる必要があります。そのため、買取会社は仲介相場での最終売却価格を考慮して、通常はその相場より高価での買取を行いません。

    もしより高値で売却を望む場合は、仲介を利用することに考慮しましょう。

    買取条件が時に不利な場合がある

    02.

    買取条件が不利になるのは、仲介を通じて容易に売却できない物件、不具合が多い物件、取り壊しを要する物件などです。

    大手不動産会社では、こうした物件を買い取らない場合もあります。条件が良い物件なら仲介相場より10〜20%低い価格での買取が一般的ですが、条件が悪い物件では、仲介相場よりも50%以上安い価格になることもあります。

    買取を行う不動産会社の選択肢が限られる

    03.

    どこの会社でも不動産買取に対応できる訳ではございません。不動産買取を行っている不動産会社は実は限られています。ほとんどの不動産会社が仲介を行えるのに対し、不動産買取は資金力が必要なため、比較的大きな規模の会社に限られます。

    特に大手不動産会社は、条件が悪い物件の買取に消極的な傾向があります。そのため、条件の悪い不動産を買取で売却しようとする場合、買い手を見つけるのに時間と労力がかかることがあります。

    一部の物件では不動産買取が行えない

    04.

    不動産買取では、全ての物件が買取対象となるわけではなく、対応できない物件も存在することも覚えておきましょう。

    例えば、取り壊し費用が更地の価値を上回る地方の古い家屋は、買取が難しい場合も多くあります。買取会社が古家を購入する場合、取り壊しを前提にすることが多いですが、更地にした後の価値が取り壊し費用を下回ると、転売での利益が見込めないため、買取が行われにくくなります。

    都市部の古家では更地の価値が高いため買取がしやすいですが、地方では更地価格が低く、買取が困難なケースが多くあります。取り壊し費用が更地価格を超える物件を売却する際は、売主が取り壊しを行い更地にしてからの販売が求められることもあります。

    なぜ不動産買取は仲介相場より安いのか

    不動産買取の相場が仲介相場より安い理由を簡単に説明しますと

    不動産会社は、買い取った物件を再販売して利益(転売益)を得るために、低価格で物件を購入します。また、購入後に必要な修理やリフォームの費用も考慮に入れています。

    通常、買取会社は買い取った物件の売却から10%の利益を得ることを目指します。そのため、ほとんど修繕が必要ない物件を買う場合、仲介相場の90%程度の価格で買取が行われることが多いです。

    少し修繕が必要な物件の場合、修繕費用を物件価格の10%以内に抑えることを目標としています。これらの物件は、修繕費と利益(合計20%)を確保するため、仲介相場の80%程度で買取されます。

    大規模なリフォームや取り壊しが必要な物件では、修繕費用が増えるため、買取価格は仲介相場の50%程度になることもあります。

    不動産買取に向いているケースとは

    お客様ごとにお悩みや状況など様々なケースがございます。
    その中でも不動産買取向きのケースをいくつかご紹介いたします。

    不動産を急いで
    売却しないといけない

    借金返済のため急ぎで
    現金化が必要

    周囲に知られずに
    売却を希望している

    離婚に伴い早期に
    売却をしたい

    不動産を急いで売却しないといけない場合

    不動産買取は、急ぎで不動産を売却する必要がある場合に最適な選択肢と言えます。
    たとえば、仕事の転勤や急な経済的ニーズ、他の投資機会の出現など、速やかに売却が必要な状況で有効です。

    仕事の転勤や海外移住
    急な仕事の転勤や海外への移住が決定し、短期間で売却が必要な場合など。

    経済的緊急事態
    突然の医療費や個人的な財政危機に直面し、売却する必要がある場合など。

    投資機会の活用
    他の有利な投資機会が生じ、そのために素早く資金を用意する必要がある場合など。

     

    これらの状況では、通常の不動産の売却プロセスでは時間がかかりすぎるため、不動産買取が有効な解決策となる可能性が高いといえます。

    借金返済のため急ぎで現金化が必要な場合

    買取は借金返済のために素早く現金を手に入れる必要がある場合に、昔からよく利用される方法です。借金返済のために迅速に現金化する必要がある時、不動産の買取は最適な売却方法と言えます。

    また、相続税に関して、支払いは相続が始まってから10ヶ月以内に申告し、現金で納付する必要があります。納税用の現金がない場合は、その期限までに不動産を売却して現金を準備することが求められます。

    相続直後に売却を始めれば、仲介を使っても期限内に売却することは不可能ではありませんが、現実的には相続直後に売却活動を開始するのは困難です。特に相続から半年以上経過してしまった場合、買取を利用して確実に売却する方が安全です。

    周囲に知られずに売却を希望している場合

    仲介を通じた売却の場合、物件情報が広告やチラシ、インターネット上で公開され、日本全国の多くの人々の目に触れることになります。そのため近隣住民や知人などの目に触れる可能性もあり、周囲に知られたくない方にとっては最適な方法とは言えないかもしれません。

    これに対して、不動産買取では、物件情報の公開が最小限に抑えられ、プライバシーが保たれます。不動産会社が直接買い手となるため、多くの見学者や外部の関与がなく、売却が行われます。これにより、近隣住民や知人に売却事実が知られることはなく、デリケートな状況や個人的な事情に配慮した売却が可能です。プライバシーを重視する売却の場合、不動産買取は理想的な選択肢と言えるでしょう。

    離婚に伴い早期に売却をしたい場合

    離婚に伴い急速に不動産を売却したい場合は、買取が適しています。

    仲介を利用すると、売却に半年から1年ほどの時間がかかることが多く、この間に元パートナーとの連絡や調整が必要になるため、ストレスが生じることがあります。

    一方で、買取を選べば迅速に売却が可能で、元パートナーとの関係解消が速やかに進み、新しい生活への移行がスムーズに行えます。

    不動産買取に向いている物件とは

    次に不動産買取に向いている物件についていくつかご紹介いたします。
    これらの物件は通常の仲介手段では売却が難しい場合があるため、買取を検討してみてはいかがでしょうか。

    仲介を通しても1年以上売却できていない物件

    仲介を通しても1年以上売れていない物件は、仲介での売却が困難と判断できます。

    そういった物件でも、特定の不動産会社なら買取を検討してくれる場合があります。1年以上売れていない物件は、相場に比べ価格設定が高いことが原因の場合が多いです。

    買取を行う不動産会社は、市場で売れる価格に再設定して物件を販売します。そのため、長期間売れていなかった物件を買取に出す際には、売却価格は大幅に下がることが一般的とされています。

    過去に事故やトラブルがあった物件

    一般的に「事故物件」と呼ばれる、過去に事故やトラブルがあった物件も買取に向いていると言えます。

    事故物件を仲介を通じて売却する場合、価格が大幅に下がるだけでなく、売却までの時間が長引く傾向にあります。不動産の保有には固定資産税などの維持費が発生しますので、売却が遅れるとこれらの費用が積み重なり、負担となってしまいます。

    そのため、売却期間が長くなり維持費が増加する場合は、買取を利用して迅速に不動産を手放す方が経済的な負担も減り、結果として得をする場合も多くあります。

    築年数が長く、立地条件が良くない物件

    築年数が古く、立地条件が良くない物件であっても、専門性を持つ一部の不動産会社は買取を検討してくれる可能性があります。

    これらの物件は、大手不動産会社では通常、買取の対象とはなりにくいため、この種の不動産を効果的に買取で売却するには、適切な不動産会社を粘り強く探すことが必要になります。

    特定のニーズやニッチな市場を得意としている不動産会社を見つけることで、買取の機会を増やしていきましょう。

    解体が必要とされる物件

    取り壊しが必要な物件は、個人への売却が難しいことが多いので、買取が適した選択肢と言えます。

    ただし、買取会社がそのような物件を買い取る場合、更地にした後の価格が取り壊し費用を超える必要があります。

    特に都市部の物件では、更地の価格が取り壊し費用を上回ることが多いですが、地方では下回ってしまうケースも多いのが現実です。更地化後の価格が取り壊し費用を下回る物件は、買取会社も買取を行わない可能性が高くなります。

    不動産買取の注意点や流れとは

     不動産買取を検討する際、注意すべき点やその流れを理解することが重要です。
    買取は、通常の不動産売却よりも迅速で手軽な方法ですが、その特性を十分に理解し、適切な準備をすることが成功の鍵となります。
    ここでは、不動産買取に際しての注意すべきポイントや流れについて解説いたします。

    不動産買取の注意点

    不動産買取では仲介を介さないため、仲介手数料のような大きな費用は発生しません。
    しかし次に挙げるような費用が発生することを理解し注意が必要です。

    印紙税
    契約書に必要な印紙の購入費用。

    抵当権抹消費用
    不動産にかかる抵当権を抹消するための費用。

    一括返済手数料
    抵当権付きの不動産を売却する際にかかる、ローンの一括返済に伴う手数料。

    引っ越し代
    新たな住まいへの移動に必要な引っ越し費用。

     

    不動産売却によって利益が発生した場合、税金の支払いが必要になることもあります。買取では売却益が少ない場合が多いですが、売却によって利益が出た場合は税金が発生する可能性がある点を覚えておく必要があります。

    不動産買取の流れ

    急いで不動産を売却したい場合、特に1ヶ月以内のような短期間で売却が必要な状況では、不動産買取が最適な選択です。
    不動産買取の大きな利点はその迅速性にあり、決済までのスピードが非常に速いです。そのため、不動産買取業者に依頼する前に、その流れを理解しておくことは非常に重要です。この知識は、買取プロセスをスムーズに進めるために役立ち、安心して取引を進めることができます。

    サンワホームズ株式会社

    サンワホームズ株式会社

    電話番号
    0120-822-884
    FAX番号
    03-5722-2266
    所在地
    〒152-0003
    東京都目黒区碑文谷5丁目6−9 サンワホームズ碑文谷ビル
    営業時間
    9:30 〜 19:30
    定休日
    火,水
    最寄り駅
    学芸大学駅 徒歩10分
    都立大学駅 徒歩15分 
    免許番号
    東京都知事 (6) 第71836号
    加盟団体
    (公社)東京都宅地建物取引業協会会員
    (公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟

    不動産買取のご相談はサンワホームズまで

    不動産の売却は金額が大きくなるため、慎重に行う必要がございます。

    目黒区で不動産売却を行うサンワホームズ株式会社では皆さまの想いを大切にし、最善の結果を実現するために全力を尽くします。

    大切な不動産の売却になりますので売り主の思いや希望を尊重し、真摯に向き合い、丁寧なコミュニケーションと専門知識でサポートします。

    不動産買取をはじめ自身の不動産の活用方法などでお悩みのお客様は是非一度、お気軽にお問い合わせください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。