サンワホームズ株式会社

お問い合わせはこちら

【目黒区不動産売却】住宅・投資物件の調査項目|サンワホームズ株式会社

2022/07/29

こんにちは

目黒区で不動産売却をしており、

最近は相続問題や空き家問題など様々なご相談をいただいております、

サンワホームズ株式会社です。

 

本日は、住宅系物件・収益系物件の調査項目について

書いていきます!!

 

〇売買物件の調査項目として一般的に行われる「住宅系物件」の調査項目をまずはご紹介します。

・登記事項に係る記録と現況

・都市計画法、建築基準法などの法令による制限内容

・都市計画法、建築基準法以外の法令による制限内容

・造成宅地防災区域、土砂災害警戒区域の該当について

・津波災害警戒区域の該当について

・水害ハザードマップにおける物件所在地

・住宅性能評価を受けた新築住宅について

・石綿使用調査結果について

・既存住宅の状況調査について

・建物の建築および維持保全状況に関わる書類の保存状態

・飲用水、ガス、電気の供施設および排水施設の整備状況

・未完成物件の場合の宅地造成工事完了時の形状、構造について

・取引条件に関する事項

 

〇収益物件の調査項目

収益物件は前述の調査項目にさらに以下の調査項目が加わります。

1建物の書類上以外の物理的な現況に関する調査

2各種行政手続き上の報告書およびメンテナンスに関わる契約関係の調査

3賃貸借契約に関わる書類および状況の調査

 

収益物件は住宅系物件と異なり、所有者から自ら使用する建物ではなく家賃収入を得る目的をもって所有するため、賃貸事業者としての視点から建物状況を確認する必要があります。

 

取引に関わる宅建業者は買主に代わりに賃貸事業者としての視点から、第三者的立場にもとづいて建物の状況を調査し報告をする義務があると言えるのです。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

このような形で自分の経験のお話もどんどんさせていただきます。

またたくさんのご相談もいただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。