サンワホームズ株式会社

実体験から学ぶ相続②|目黒区の不動産売却ならサンワホームズ株式会社

お問い合わせはこちら

実体験から学ぶ相続②|目黒区の不動産売却ならサンワホームズ株式会社

実体験から学ぶ相続②|目黒区の不動産売却ならサンワホームズ株式会社

2021/09/25

こんにちは

目黒区で不動産売却を行うサンワホームズ株式会社です。

実体験から学ぶ相続の事例②をご紹介いたします。

 

昨晩は、明日の晴れを予想して洗濯物を干しておりましたが、

朝起きてびしょ濡れの洗濯物を見てガッカリ。

 

さてその後の続きについてお話します。

 

 

後日、改めて司法書士を連れて老人ホームに向かいました。

 

私の事を覚えているか分かりませんが、

お父様は、元気よく「おはよう」との挨拶を交わして頂きました。

 

続いて確認をしたい所でしたが、

予め娘さんが、下話をした後に確認してほしいとの事で、一旦退出。

 

また何か嫌な予感を感じながら数分待っていると

「どうぞお入りください」との掛け声。

 

朝挨拶した時とは、別人のように顔が強張っておりました。。

スーツを着た大人2人もいるせいか、急に物々しい雰囲気が流れている嫌な空気間。

 

早速、司法書士から「現在のご自宅を売却して良いですか」との確認を行ったところ、

間髪入れずに娘さんが「家を売るのよね」「良いよね」と合いの手を入れる。

 

お父様は、「ゔーん、売る」、「娘に任せる」との回答。

その後、生年月日、年齢、自宅の所在などの複数の質問をして頂きました。

 

おそらく5分も掛からずに 司法書士は、「分かりました」との回答。

 

その後は、雑談も踏まえながら、お父様の緊張もほぐれた様子。

長居は無用なので、お父様にご挨拶して老人ホームを後にしました。

 

 

後日、司法書士に「お父様の意思確認は如何でしょうか」と

確認した所、「意思確認は出来ませんでした」との回答。

 

私も何となく覚悟はしておりましたが、

片道3時間の道のりを2日間掛かっているので、何とかして欲しい気持ちもありましたが、

あの状況を見ている人は、「意思確認が出来た」とは言えない状況。

 

司法書士に家を売却するには、どうしたら良いですか。

と確認した所、、、、、

 

本日は、以上になります。

 

ご覧いただきありがとうございます。

このような形で自分の経験のお話もどんどんさせていただきます。

またたくさんのご相談もいただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。